FOLLOW US

バルサMFイニエスタ「ビルバオ戦をアヤックス戦と混同する必要はない」

ビルバオ戦を振り返ったイニエスタ(右) [写真]=Getty Images

 1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第15節、バルセロナは敵地サン・マメス・バリアでアスレティック・ビルバオに0‐1で敗れ、開幕からの無敗記録が14試合でストップした。

 今シーズン初黒星を喫した11月26日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節のアヤックス戦に続き、公式戦2連敗となったバルセロナ。だが、試合後のインタビューに応じたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、全く良いところの無かったアヤックス戦と、内容的に改善が見られたビルバオ戦を同じ敗戦として捉える必要はないと主張した。

「ビルバオ戦をアヤックス戦と混同する必要はない。僕たちは試合をおおむねコントロールできた。前半のパフォーマンスは優れていたし、後半も一定の時間帯で良いプレーができた。失点後も精神的な落ち込みは無かった。確かに混乱は生じたが、終盤は攻め続けた訳だからね。ビルバオは難しい相手だし、サン・マメスともなればなおさらだ。それゆえ、敗戦を喫することだって有り得る」

 イニエスタはまた、敗戦に慌てるのではなく、落ち着いて対処するべきとの姿勢を示した。

「敗れた時には疑問が生じるものだ。しかし、バランスを崩してはならないし、投げやりになる必要もない。悪かったところは修正し、良かったところは続けていけば良い。僕達はチャンスを作れていたし、試合を支配しているという感覚もあったが、ゴールが足りなかった。つまり、もう少しプレーの効率を上げなければならないということになる」

 一方、GKとの1対1になろうとしていたブラジル代表FWネイマールを後方から倒したビルバオのスペイン人MFアンデル・イトゥラスペに、レッドカードではなくイエローカードしか与えられなかったことについて質問されたイニエスタは、議論に足を突っ込むことを避けた。

「もし、イトゥラスペが退場処分となっていたら試合がどうなったかは、僕には分からない。あの場面、そうは見えなかった人も多かったかも知れないが、主審はレッドカードには値しないと判断した。それまでのことさ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO