FOLLOW US

4発快勝を振り返るレアルDFペペ「高い決定力を見せた」

 リーガ・エスパニョーラ第15節が11月30日に行われ、レアル・マドリードとバジャドリードが対戦。ウェールズ代表MFギャレス・ベイルのハットトリックなどで、レアル・マドリードが4-0で快勝した。

 試合後、レアル・マドリードのポルトガル代表DFペペが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ペペは、「良い形で試合をスタートして、高い決定力を見せた。中盤の選手だけでなく、前線の選手もしっかりとプレスをかけていた。それは自分たちの仕事をより簡単にしてくれる。試合を楽しんだよ」と、試合を振り返った。

 そして、「チームはとても明確なアイデアを持っている。(カルロ・アンチェロッティ)監督はシステムを変更したけど、チームは良いパフォーマンスを見せた。シーズン終盤に目標を達成するためには、この流れを続けていかないといけない。チームには自信があふれているし、チャンピオンズリーグではトーナメント進出を決めた。それにコパ・デル・レイが始まる。一番大事なことは、おごることなくしっかりと取り組んでいくことだし、1試合ずつ考えて戦っていくことだ」と、今後を見据えた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA