FOLLOW US

バルセロナのメッシ、年内一杯は母国アルゼンチンで治療に専念

年内は母国でリハビリすることが決まったメッシ [写真]=Getty Images

 現在、左足の故障により戦列を離れているバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、治療に専念するために母国に一時帰国することが明らかになった。

 クラブ発表によると、10日に行われた第13節ベティス戦で左足ハムストリングを肉離れし、6~8週間の戦線離脱と診断されたメッシは、2段階に分けてリハビリを行っているという。そして、バルセロナでの第1段階が予定通り完了したため、今後はブエノス・アイレスでの第2段階に入るとのことだ。29日にアルゼンチンに向けて出発したメッシは、年内一杯は母国で過ごし、1月2日にバルセロナに戻る予定となっている。

 なお、バルセロナの新年初戦は5日に行われる第18節エルチェ戦となるが、メッシは11日もしくは12日に予定されている第19節アトレティコ・マドリード戦での復帰を目指し、調整が続けられる模様だ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA