2013.11.30

ロシア代表のカペッロ監督「バロンドールはC・ロナウドが相応しい」

C・ロナウド
今季も好調を維持するC・ロナウド [写真]=Real Madrid via Getty Images

 ロシア代表のファビオ・カペッロ監督は28日、スペインのラジオ局『Onda Cero』のフットボール番組とのインタビューで、かつて2度に渡って指揮を執り、いずれのシーズンでもリーガ・エスパニョーラ王者に導いたレアル・マドリードの現況についてコメントした。

 カペッロ監督はまず、チームの絶対的エースとして君臨するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを称賛し、ロシア代表の監督として投票資格を持つFIFAバロンドール(世界年間最優秀選手賞)で1位の票を入れたことを明らかにした。

「今年のバロンドールはC・ロナウドが最も相応しい。彼のこの1年間を正当に評価すべきだ。確かにフランク・リベリーはバイエルンで多くのタイトルを獲得したが、クリスティアーノのプレーは並外れている。とりわけ、W杯ヨーロッパ予選のプレーオフでスウェーデン相手に2試合で4ゴールを挙げたのは圧巻だった」

 一方、リーガ・エスパニョーラの上位3チームについて質問されたカペッロ監督は、3位レアル・マドリードおよび2位アトレティコ・マドリードの充実振りを強調する一方、首位バルセロナに対しては不安を示した。

「レアル・マドリードは、カルロ・アンチェロッティ監督が最適なチームを見出した。アトレティコ・マドリードは、リーガだけではなくチャンピオンズリーグでも昨シーズンのドルトムントのような存在感を発揮できるだろう。一方でバルセロナは、リオネル・メッシの不在により疑問が生じている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る