FOLLOW US

レアルDFセルヒオ・ラモスが移籍の可能性探る? 指揮官は否定

2005年からレアルでプレーするセルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードでチームの副主将を務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが移籍の可能性を探り、チームも売却する意思があると、スペインメディア『カデナ・セル』が報じ、『マルカ』が内容を伝えている。

 同メディアは、数日間行われたS・ラモスの契約延長交渉の場で、フロレンティーノ・ペレス会長が、移籍金6000万ユーロ(約78億円)のオファーがあれば、移籍を認めると発言したと伝えた。S・ラモスは会長に、自身へ興味を示しているクラブがいくつかあると明かした上で、契約解除金となる1億5000万ユーロ(約195億円)を支払うクラブはいないと発言。一方で、5000万ユーロ(約65億円)で移籍は可能かを会長に尋ねると、会長は、「バルセロナでさえ、6000万ユーロなら可能」と答えたと見られている。

 チームを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、S・ラモスの移籍について尋ねられ、「一度たりともセルヒオを市場に出すという話は聞いていない」と、可能性を否定している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA