2013.11.21

スペインが南アで黒星…GKレイナ「謙虚さが良薬となってくれれば」

レイナ
代表での同僚、V・バルデス(右)の状態を案じたレイナ(左) [写真]=Getty Images

 19日に行われた国際親善試合、スペイン代表はアウェーで南アフリカ代表に0‐1で敗れた。ワールドカップ初制覇を決めたヨハネスブルグのサッカー・シティ・スタジアムでの3年4カ月振りの試合で黒星を喫したうえ、GKビクトル・バルデスが負傷するという不運に見舞われたスペイン代表。予想外の形で後半の残り10分間プレーしたGKホセ・マヌエル・レイナも、試合後のインタビューでは開口一番バルデスの状態を心配した。

「今、最も重要なのは、試合に敗れたことではなくバルデスの状態だ。重傷でないことを、チームの誰もが願っている」

 スペイン代表はこの試合、取り決められていた6つの交代枠を使い切った後にバルデスが負傷したため、FIFA(国際サッカー連盟)の試合責任者から特例許可を得たうえでレイナを投入した。この臨機応変なFIFAの対応について、レイナは感謝の意を表した。

「決められていた交代枠は6つだったが、一般的な常識やフェアプレーの精神からして、特例を許可したのは極めて妥当な判断だったと思う」

 レイナは一方、今回の敗戦を教訓とする必要があるとの見解を示した。

「今日は最悪の状況に陥ったままプレーしてしまった。言い訳を探す必要はない。謙虚さが良薬となり、チームがさらに強力になることも往往にしてある。そうなってくれることを期待しているよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
89pt
ナポリ
76pt
インテル
66pt
欧州順位をもっと見る