2013.11.19

スペイン代表指揮官「ブラジルW杯が約束された者は誰もいない」

デル・ボスケ
モンレアル(左)、カソルラ(右)のアーセナル所属2選手と談笑するデル・ボスケ監督(中央) [写真]=Getty Images

 国際親善試合のためにアフリカ遠征中のスペイン代表は、赤道ギニア代表を2‐1で下した16日の一戦に続き、南アフリカ代表と19日に対戦する。

 スペイン代表にとって南アフリカは、2010年にワールドカップ初制覇を果たした記念の地となる。とはいえ、現地入りしたスペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督は、普段通り和やかな表情を見せながらも、お祭りムードとは無縁の厳しい姿勢を貫いた。

「ここには多くの思い出がある。しかし、我々にはそれに浸っている余裕はない。祝辞は有難く受け止めるけれども、前を見据えていかなければならない。ブラジルでタイトルを守ることが、今の我々にとっての最大の関心事だからだ」

 また、2008年のユーロからの国際主要大会4連覇が懸かるブラジル・ワールドカップについて、「2012年のユーロでは2008年から50%のメンバーを入れ替えたが、今回はそこまで多くの変更はないだろう」との見通しを示したデル・ボスケ監督だが、現時点ではメンバー入り当確の選手はいないことを強調した。

「ブラジルW杯が約束された者は誰もいない。まだ本大会までは多くの時間が残されている。我が国には代表入りの力を持った選手が無数にいる。また、故障や不調に見舞われる者が出てくる可能性もあるだろう。それゆえ、最も理にかなった形で、ベストメンバーを迎え入れたい」

 デル・ボスケ監督はその一方で、世界屈指の選手層を誇るスペインならではのメンバー選考の難しさを告白した。

「我々はこれまで苦渋の決断を下してきた。例えば、2010年のW杯では、2008年のユーロで不動のレギュラーだったマルコス・セナを連れて行かなかったが、これは最後の最後まで決めることができなかった。それは、カルロス・マルチェナ、ジョアン・カプデビラ、ダニエル・グイサ、フェルナンド・ナバーロといった選手にも当てはまる。彼らは皆、常に素晴らしいパフォーマンスを披露してくれていた」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る