2013.11.14

メッシ不在に言及するバルサSD「代わりを務めるのは不可能」

メッシ
6週間から8週間の離脱が決まったメッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナのSD(スポーツ・ディレクター)を務めるアンドニ・スビサレッタ氏が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの負傷離脱に対する見解を述べた。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 メッシは、10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節のベティス戦で左足大腿ニ頭筋を負傷し、6週間から8週間に渡ってチームを離脱することが決定した。エース不在の状況について、スビサレッタ氏は「メッシとしてプレーできる選手などいない。それは不可能だ。彼にしかない特長がある」と述べ、代役は存在しないと主張した。

 また、メッシの負傷については「2カ月間で、最高の状態で復帰させられると確信している」とコメント。回復に向けて万全の対策を施すと約束していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る