2013.11.11

バルサ久保君、レアル中井君に続き、10歳のタルハニ存哉君がエスパニョールの下部組織に入団

タルハニ存哉く
2013年5月に行われたMic7 アンドラ大会で優勝。タルハニ存哉くんはテスト選手としてプレーし優勝に貢献した

 リーガ・エスパニョーラに所属するエスパニョールの育成機関(カンテラ)に、日本人のタルハニ存哉(ありや)君(現地選手登録名はIGAMI ARYA)が入団した。

 存哉君は、2003年2月生まれの10歳。2012年夏に、株式会社Amazing Sports Lab Japanが主催した、茨城県でのサッカーサービスキャンプに参加した際、コーチを務めたダビッド・エルナンデス氏の目に留まり、エスパニョールに推薦された。エスパニョールのアレビンBでは将来性を見込まれ、背番号10を背負い、すでに公式戦デビューも果たしている。

 同キャンプを主催した株式会社Amazing Sports Lab Japanの浜田満氏は、存哉君のプレースタイルを、「バルセロナのセスク・ファブレガスに似ている。ポジションは中盤の前めやボランチ。空間把握能力、スペースを見つける・使う能力がズバ抜けて高い」と評している。

 また、存哉君をエスパニョールに推薦したエルナンデス氏は、以下のようにコメントしている。

―どの部分を評価して、エスパニョールに推薦したのでしょうか? また、その経緯は?
「私はAmazing Sports Lab Japan社が、2012年夏に茨城県で開催したサッカーサービスキャンプに責任者として4日間アリヤのプレーを見る機会に恵まれました。アリヤの第一印象は非常に認知能力の高く、周囲の状況をすぐに、そして適切に把握し、適切な判断を下すことのできる選手だと感じました」

「帰国後、RCDエスパニョールのスカウト部門責任者に対して、バルセロナでアリヤがトライアルを受けることができないものか彼らに提案しました。最終的に、今年の4月と6月にエスパニョールでのテストを受けました。6月のテストでは、エスパニョールの選手として大会に参加し、決勝でバルサに勝利し、優勝しました。そこで、アリヤの活躍を見たクラブはアリヤをメンバーとして迎えるという決断を下したのです」

―プレー面のストロングポイントはどこですか?
「アリヤはサポートに入る際、状況に合わせたポジションニングが非常に優れた選手です。自身でボールを持っている場合も、いつ前に運ぶのか、相手を抜きにいくのか、そしてパスなのかシュートなのか、高い確率で正しいプレーを選択することができる選手です」

 存哉君は現在、ビザ取得手続きも終了し、母親とともに、バルセロナで暮らしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る