2013.11.03

マラガが勢いに乗るか、ベティスが耐えるか…アンダルシア勢が激突

 マラガは勝ち点10と、現在15位。第6節アルメリア戦で勝利を挙げて以降、2分け3敗と勝ち星に恵まれていない。前々節のセルタ戦で0-5と、まさかのホームでの大敗は痛い。そして前節、アウェーでのエスパニョール戦、ボブレイ・アンデルソンを起点に攻撃の機会を作るも、スコアレスドローに終わった。今節こそ、下位に沈む同じくアンダルシアのベティス相手に勝利を収め浮上したいところだ。

 ベルント・シュスター監督はエスパニョール戦後、「この引き分けは、ここ数日探していた非常に重要な内容だ。セルタ戦大敗後、いい試合ができた。新しいフォーメーションで臨み、結果を残すことができて満足だ」と3連敗後のエスパニョール戦の引き分けが、自分たちの個性を取り戻すために重要であったこと強調した。

 一方のベティスは勝ち点8で現在19位と、下位をさまよっている。8節ヘタフェに1-3、9節エルチェに1-2、前々節はアトレティコ・マドリードに0-5と3連敗。そして前節のホームで迎えたレバンテ戦。前半30分、退場により選手を一人欠きながらスコアレスドロー。ヨーロッパリーグのグループステージでは1勝2分けで2位とまずまずの結果を出しているだけに、リーガでも順位を上げていきたい。

 ペペ・メル監督はレバンテ戦後、「今日は落ち着いて寝ることができる。エルチェ戦やヘタフェ戦のときと違うからね。今日は選手を責めない。60分、65分を10人で戦ったが、ボールを支配することもできた」と結果は出なかったが、選手たちをたたえた。なお、レバンテ戦で2枚の警告を受け退場となったチカは、今節出場停止となる。

【予想スタメン】
・マラガ [4-1-4-1]
GK:13.カバジェロ
DF:2.ヘスース・ガメス、21.セルヒオ・サンチェス、3.ヴェリグトン、5.アントゥネス
MF:12.ティッソーネ、28.ファブリス(16.フアンミ)、8.ポルティージョ(10.ボブレイ・アンデルソン)、30.ダルデール(6.イグナシオ・カマーチョ)、18.エリゼウ
FW:9.サンタ・クルス

・ベティス [4-4-2]
GK:1.アナセン
DF:11.フアンフラン、15.ペルキス、4.アマージャ、23.ナチョ
MF:7.バディージョ(22.セドリック)、6.シャビ・トーレス、10.ベルドゥー(8.ノノ)、17.フアン・カルロス
FW:9.チュリ、19.ホルヘ・モリーナ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る