2013.10.30

バレンシアが勢いを取り戻すか、アルメリアが初勝利を挙げるか

 バレンシアは現在11位。第7節ラージョ・バジェカーノ相手に勝利を上げて以来、第8節アウェーでアスレティック・ビルバオと対戦し1-1、第9節ホームでレアル・ソシエダに1-2と敗戦を喫し、第10節アウェーでのビジャレアル戦でも1-4と大敗。ここ3試合で勝利なしの2連敗中と低迷し、順位も11位まで落とした。ヨーロッパリーグのグループステージでは第2戦でクバニに2-1、第3戦ではザンクト・ガレンに5-1と大勝、2連勝をあげている。リーガでも浮上を目指したい。

 今週月曜日バレンシアのアマデオ・サルボ会長、スポーツディレクターのブラウリオ・バスケスが、ミロスラフ・ジュキッチ監督と話し合いの場を持った。サルボ会長は、ジュキッチ監督にチームをまだ立て直すことができると説得したようだ。MFカナーレスは、「この4試合はどんなことをしても勝たなければならない。今のチームの目標は約束ごとを持つこと」と、チーム内が方向性を失っているともとれる発言をしている。今節は勝利が必要不可欠だ。

 一方のアルメリアも絶不調、開幕からいまだ勝利なしと、最下位に低迷。9月21日、第5節レバンテ戦での引き分け後5連敗、前節のレアル・ソシエダ戦では0-3と完敗している。今ここで浮上するきっかけをつかまなければ、残留という目標すら危うい。

 フランシスコ・ロドリゲス監督は、「決定は私の手の届かないところにある。監督としてアルメリアを支える。ボールボーイのように、常に先へ進めるためにボールを拾い、返していかなければならない」と、最後の力を振り絞っていく構えを見せた。

【予想スタメン】
・バレンシア [4-2-3-1]
GK:13.グアイタ
DF:12.ジョアン・ペレイラ、20.リカルド・コスタ(5.ビクトル・ルイス)、22.マテュー、14.ベルナット(18.グアルダード)
MF:15.ハビ・フエゴ、10.バネガ、28.フェデ・カルタビア(8.フェグリ)、7.ジョナス、23カナーレス(11.パボン)
FW:9.ポスティガ(25.パコ・アルカセル)

・アルメリア [4-2-3-1]
GK:1.エステバン
DF:22.ネルソン(20.ラフィタ)、4.ペジェラーノ、5.トルヒージョ、14.ラウール・ガルシア
MF:7.ベルサ(12.アゼーズ)、15.コロナ(6.マルコス・テバル)、17.スソ、23.ソリアーノ、8.アレイチュ・ビダル(16.ドゥバルビエール)
FW:10.ロドリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る