2013.10.23

C・ロナウドがベイルを擁護「プレッシャーを与えてはいけない」

ベイル C・ロナウド
レアル・マドリードでプレーするベイル(左)とC・ロナウド(右) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、チームメートであるウェールズ代表MFギャレス・ベイルを取り巻く環境について言及した。イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 ベイルは今夏に8500万ポンド(約135億円)とも言われている移籍金でトッテナムからレアル・マドリードに加入した。しかし、ここまでは負傷などの影響もあり、リーグ戦の先発出場はわずか1試合にとどまっている。

 金額に見合う活躍を披露できていないベイルについて、C・ロナウドは「上手くプレーしようとしているよ。移籍してからの彼は大変だった。プレシーズンをしっかりと過ごすことができなかったし、けがも負った。僕たちは彼に過度のプレッシャーを与えてはいけない」とコメント。周囲に対し、現状を理解して見守る必要があると主張した。

 また、C・ロナウドは「ベイルは常に学ぼうとしている。チームにとって彼の存在は非常に良いと確信しているから、僕たちは彼を助けなければいけない」と付け加え、ベイルがレアル・マドリードに必要な選手であることを強調していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る