2013.10.21

ホーム無敗6位のビルバオか、好調4位のビジャレアルか、注目の上位決戦

 新ホームスタジアム、サン・マメス・バリアで全勝を誇っていたアスレティック・ビルバオは前節、ついにバレンシア相手に1‐1と引き分けを喫した。それでも現在4勝1分3敗で6位とまずまずの結果を残している。5位ヘタフェ、7位バレンシアも同勝ち点で並んでいる。今節の相手は今シーズン、プリメーラに復帰した好調ビジャレアル。ホーム無敗をキープし、勝ち点3を稼ぎたいところだ。

 昨シーズン36試合に出場し、14ゴールを決めたチーム得点王FWアリツ・アドゥリスが、今シーズンはまだ無得点とエンジンがかかっていない。「一番重要なことはゴールを決めること。ゴールを決められないとやはり、嫌になってくる。それを克服するための一番いいことは、細かいことにこだわってそれをやり続けることだ」と、地道に練習に励むことを誓った。木曜日の練習ではFWイバイ・ゴメスとMFアンデル・エレーラが別メニューだが、ビジャレアル戦には戻ってこられそうだ。U‐21スペイン代表のFWイケル・ムニアインとU‐21フランス代表のDFエメリック・ラポルトはすでにチームに合流している。ホームで地の利を生かし、上位にいるビジャレアルとの差を一歩でも縮めたい。

 一方の好調ビジャレアルは5勝2分1敗の4位。引き分けの2試合は、ホームでのレアル・マドリード戦と、アウェーでのセルタ戦。第7節アウェー、ベティス戦で初敗戦を喫している。しかし前節第8節では、ホームでグラナダを3‐0と一蹴。今後もビジャレアルの躍進から目が離せない。

 今シーズン全試合にスタメン出場している不動の守護神セルヒオ・アセンホは、「今節の相手アスレティック・ビルバオとの試合は厳しい試合になる。彼らは90分間すごいプレッシャーをかけてくる。さらに彼らのホームゲームだ。最終的にどこに着地するかという意味においても、いつも以上に一体となって戦わなければならない」と、ビルバオを警戒するとともに、来シーズンのヨーロッパ参戦を意識する含みを持たせた。今節は非常に重要な一戦となる。なお、左サイドバックのボヤン・ヨキッチが左太ももを痛め今節の出場は厳しいとみられている。

【予想スタメン】
・アスレティック・ビルバオ [4‐3‐3]
GK:1.イライソス
DF:15.イラオラ、18.グルペギ、4.ラポルト(6.サン・ホセ)、22.サボリット
MF:21.アンデル・エレーラ(10.デ・マルコス)、17.ミケル・リコ(8.イトゥラスペ)、7.ベニャ
FW:14.スサエタ、20.アドゥリス(10.デ・マルコス)、11.イバイ(19.ムニアイン)

・ビジャレアル [4‐4‐2]
GK:1.セルヒオ・アセンホ
DF:2.マリオ・ガスパール、5.ムサッキオ、16.ドラード、18.ジャウメ・コスタ
MF:17.アキーノ(11.エルナン・ペレス)、4.ピナ(14.トリゲロス)、21.ブルーノ・ソリアーノ、10.カニ
FW:9.ジオバニ・ドス・サントス、24.ジョナタン・ペレイラ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る