2013.10.16

レアル会長「ベイル負傷の原因はプレシーズン」…ヘルニア疑惑否定

ペレス
ベイルのヘルニア疑惑を否定するペレス会長 [写真]= Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルについて、スペインメディア『Punto Pelota』に語った。

 ペレス会長は「ベイルはとても冷静に日曜日のマラガ戦に向けて準備しているよ」と語った。

 また、「皆知っていると思うが、彼はプレシーズンでしっかりと準備ができなかったため、太ももの筋肉にけがを負ってしまった。今はトレーニングをこなしているし、プレーして、問題は負傷だけだと証明したがっている」と、ベイルけがの原因は移籍騒動に巻き込まれたプレシーズンだと主張。

 そして、ベイルがヘルニアの症状を煩っているという噂に関しては「完全にデマだ。医者が明らかにしてくれているように、小さな突起というのはエリートのサッカー選手なら誰しも持っている普通のものだ」と噂を否定するコメントを残した。

 レアル・マドリードは19日、リーガ・エスパニョーラの第9節で、マラガとホームで対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る