FOLLOW US

スペイン代表のデル・ボスケ監督が得点力に言及「本大会では違う」

スペイン代表を率いるデル・ボスケ監督 [写真]=Getty Images

 スペイン代表を率いるビセンテ・デル・ボスケ監督が、15日に控えるブラジル・ワールドカップ欧州予選の最終戦を前に、ここまでの戦いを振り返った。『FIFA.com』が伝えている。

 スペイン代表はグループIの首位に立っており、15日にホームで行われるグルジア戦に勝利を収めれば、ワールドカップ出場権を手にする。5勝2分の成績で最終戦を迎える現状について、デル・ボスケ監督は次のように述べた。

「今回の予選では、戦い方に満足できない4つの酷い試合があった。しかし、素晴らしいレベルのプレーを見せた試合も3つあったと思う」

 また、スペイン代表は欧州予選で計12ゴールを記録しているが、これは各グループの首位に立つ9チームの中で最も少ない数字となる。得点力に関して一部で批判されている状況を受け、デル・ボスケ監督は予選と本大会は試合内容が大きく変わることを主張した。

「(欧州予選の)対戦相手は、自分たちの尊厳を守ろうとする。だが、ワールドカップ本大会は違う。ボール保持率の差は縮まるだろう。すでに予選を突破しているチームは強豪ばかりだ。本大会では異なる戦いになる。よりオープンな試合だ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO