2013.10.13

レアル・マドリードが公式声明を発表…MFベイルのヘルニアを否定

ベイル
今夏からレアル・マドリードでプレーするベイル [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは12日、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルの報道に関する声明をクラブ公式HPで発表した。

 スペイン紙『マルカ』は同日、ベイルが入団する際に受けたメディカルチェックで、レアル・マドリードは同選手がヘルニアを患っていることを把握していたが、そのままサンチャゴ・ベルナベウでの入団会見を行ったと報じている。これに対し、レアル・マドリードは以下のように声明を出した。

「ベイルがヘルニアの症状を患っているという記事は完全に誤報です。クラブのメディカルスタッフは、10月10日にマルカに対してベイルがヘルニアではないことを明確に伝えています」

 その一方で、レアル・マドリードはベイルに軽度の椎間板突出の症状が見られることを認めた。

「軽度の椎間板突出の症状はあるものの、サッカー選手にはよく起こり得ることであり、プロ選手としての活動を妨げるものではありません」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る