2013.10.13

ベイル代理人がヘルニア疑惑を完全否定「愚かな報道だ」

ヘルニア疑惑が持ち上がっているベイル [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表MFギャレス・ベイルの代理人を務めるジャナサン・バーネット氏は、同選手がヘルニアを患っているという一部の報道を否定した。スペイン『セクスタ』のインタビューで語っている。

 スペインの『マルカ』紙はマドリードで生活を始めたベイルがヘルニアを患っていると報じた。しかし、バーネット氏は「記者にはそんな情報はないと話したんだ。なのに間違った報道がされてしまった。愚かだとしか言えないよ」とコメント。報道が事実ではないと主張した。

 さらに、「現に、彼はレアル・マドリードのメディカルチェックをパスした。100パーセントの状態にあることに疑いの余地はない。仮に彼がヘルニアだったとしたら、史上最高額の取引は成立しなかった。大丈夫だ、来週にはベイルのプレーが見られるはずだよ」と付け加え、疑惑の収拾を図っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る