2013.10.05

レアル指揮官「ベイル自身はパフォーマンスに納得していない」

アンチェロッティ
今シーズンからレアル・マドリードを率いるアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 5日に行われるリーガ・エスパニョーラ第8節で、レバンテとレアル・マドリードが対戦する。

 アウェーでの一戦を前に、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が前日会見に出席。ウェールズ代表MFギャレス・ベイルについて語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は、左太ももの負傷で欠場するベイルについて、「15日間、マドリードで調整をする。ウェールズ代表との協力体制を取らないといけないが、マドリードに残って調整をすることになると思う」と、コメント。「ベイル自身は、パフォーマンスや結果に納得していない。彼はプレーをすることを楽しみにしていた。この夏、(移籍関連で)とても難しい状況を過ごしていたから、望んだプレーができないのは、ある意味では当然だ。とはいえ、彼は落ち着いている。メンタル面は良い状態だよ。けがは小さな問題だ。15日後には、しっかりと解決していることだろう」と、今後を展望した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る