2013.09.29

アルメリア戦勝利も不満のバルサ指揮官「求めているのは安定感」

マルティーノ
今シーズンからバルセロナを率いるマルティーノ監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナは28日、リーガ・エスパニョーラ第7節でアルメリアと対戦し、2−0で勝利を収めた。バルセロナを率いるヘラルド・マルティーノ監督が、この一戦を振り返り公式HPでコメントしている。

 アルメリアから勝ち点3を獲得したバルセロナは、クラブ記録となるリーグ戦開幕7連勝を達成。しかし、マルティーノ監督は前半の戦いについて「パスの精度が低かった」とコメント。さらに「後半は改善されたが、我々が求めているのは安定感のある戦いであり、90分間を通して試合をコントロールすることだ」と付け加え、チームの出来に不満を見せた。

 また、アルメリア戦で右足の大腿二頭筋を負傷したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの状況については「ゴールを決めた際、負傷に気がついたようだ。今後、検査を受けるということ以外は何も言えない」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る