2013.09.29

ダービー不発のC・ロナウドが指揮官を擁護「責任は選手にある」

C・ロナウド
次戦を見据えるC・ロナウド [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節のアトレティコ・マドリード戦を振り返り、指揮官のカルロ・アンチェロッティ監督を擁護した。クラブ公式HPが伝えている。

 レアル・マドリードは、ホームで行われたマドリード・ダービーに0−1で敗戦。試合後、C・ロナウドは「監督は素晴らしい仕事している。責任は選手にあると思う。僕たちは顔を上げなければいけない。団結し、戦い続ける必要がある」と述べ、リーグ戦で14年ぶりにマドリード・ダービーに敗れたことで、批判が集中する可能性が高い指揮官を庇う姿勢を見せた。

 さらに、C・ロナウドは「多くのリーグ戦が残されているし、チャンピオンズリーグやカップ戦もある。素晴らしいシーズンにするためにも、真剣に取り組んでいきたい」とコメント。敗戦のショックを引きずることなく、次の試合を見据えていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る