2013.09.21

バルサのA・サンチェス「大事な局面で焦る試合がある」

バルセロナのアレクシス・サンチェス [写真]=Getty Images

 バルセロナのチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、母国紙『La Tercera』とのインタビューで、3年目を迎えた今シーズンに向けた抱負などを語った。

 アレクシス・サンチェスはまず、ティト・ビラノバ前監督の後任として迎えられたヘラルド・マルティーノ新監督の下、開幕から順調に過ごしていることを説明した。

「テクニカル・スタッフやチームからの信頼を実感しており、ピッチで気分良くプレーできている」

 14日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節のセビージャ戦では決勝点を決める一方、18日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のアヤックス戦では決定機でシュートを外すなど、ゴール前での安定感が求められるアレクシス・サンチェス。課題克服のためにはメンタル面の成熟が必要だと考えているという。

「僕はまだ自分の全ての可能性を出し切れていない。大事な局面で焦り過ぎてしまう試合があるしね。それは、自分に対して完璧な自信が持てていないからかも知れない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る