FOLLOW US

クラブに忠誠を誓うC・ロナウド「現役引退までプレーするだろう」

レアル・マドリードと契約延長を行ったC・ロナウド [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは15日、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと契約更新を行ったと発表した。契約期間は2018年までとなっている。新契約を締結したC・ロナウドのコメントをクラブ公式HPが伝えている。

 クラブとの契約更新を行ったC・ロナウドは、「僕も(フロレンティーノ・ペレス)会長も契約更新を常に望んでいた。会長、マドリディスタがいることで僕は幸せなんだ」とコメント。続けて、「チームを離れようと思ったことは一度もないし、世界で一番のクラブでプレーを続けることを望んでいたよ」と喜びを語った。

 スペイン紙は、新契約を結んだC・ロナウドが、1700万ユーロ(約22億1000万円)の年俸をもらうのではないかと報道。C・ロナウドは「高給取りになったことは重要な話ではない」と前置きし、「将来へのプロジェクト、世界最高のクラブにいることが一番重要なこと」だと語った。「会長は世界トップクラスの選手を獲得することを目指し、クラブはタイトルを欲している。だからこそ、僕がプロジェクトに関わっていると感じられるんだ。マドリードで幸せだし、ベルナベウ(レアル・マドリードのホームスタジアム)が僕の家。このチームで現役を引退するまでプレーをしていくだろう」と、クラブへの忠誠を誓っている。

 また、C・ロナウドは昨シーズンの「悲しみを感じている」という発言に言及。退団が噂された当時を振り返り、以下のようにコメントした。

「いい日もあれば悪い日もある。『悲しい』とコメントした日があったけれど、人として普通のことさ。そういった発言をしなければよかったと思う。でも、僕は完璧な人間ではないんだ。失敗はするものだし、それはもう過去の話。今は幸せで、やる気に満ち溢れているよ。これから5年間、レアル・マドリードの家族の一員だ。このクラブでプレーを続けていきたいという思いでいっぱいさ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA