2013.09.15

ビルバオの新スタジアムこけら落とし…初ゴールを決めるのは誰か

 エルネスト・バルベルデ新監督率いるアスレティック・ビルバオは3節を終えて、2勝1敗とまずまずのスタートを切っている。初戦はアウェーでのバジャドリード戦、2-1で勝利を挙げ、続く第2節ホームにオサスナを迎え撃ち2-0と完勝、第3節はサンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリード戦、1-3と敗戦を喫している。

 開幕戦で1得点を決めているMFスサエタは、「新しいスタジアム、サン・マメス・バリアでの試合、一番大切なことは何よりも勝つこと、誰が得点したかではない。でも最初のゴールを決められたら夢のようだね。新しいスタジアムで、今後を戦っていく上でも特別な試合となる。冷静に望みたい」と、気を引き締めた。

 11日に行われたアモレビエタ(3部)との練習試合のメンバーは、GKは前半イアゴ・エレリン、後半イライソス、DFラインは前半イラオラ、エチェイタ、グルペギ、ラポルト、後半はアルビスア、エチェイタ、サン・ホセ、サボリット、MFは前半モラン、ベニャ、アンデル・エレーラ、後半はイトゥラスペ、ミケル・リコ、メリーノ、前半の前線3人はデ・マルコス、トケーロ、スサエタ、後半はアケチェ、アドゥリス、ギジェルモと戦力、コンビネーションの再確認、下部組織の選手を試していることがうかがえる内容となっていた。ちなみに試合は、イラオラ、デ・マルコス、アドゥリス、ギジェルモの4得点を挙げたアスレティック・ビルバオが4-0で勝利している。バルベルデ監督がどのようなカードを切ってくるか、注目が集まる。

 昨シーズン、ギリギリの最終節でプリメーラ残留を決めたセルタ。今シーズンの開幕戦はホームでエスパニョール相手に2-2、第2節アウェーでのベティス戦で2-1と初勝利、第3節ホームでグラナダ相手に1-1と勝敗を分け、1勝2分け。ホームで勝ち切れないことが今後の課題となりそうだ。

 ルイス・エンリケ新監督は新戦力を上手く起用し、コンビネーションを高めていきたいようだ。バルセロナ下部組織から獲得したMFラフィーニャは前節1ゴール、グラナダから獲得したFWノリートも1ゴール、アルメリアからの新加入FWシャルレスは2ゴールをすでに決めている。開幕戦からセンターバックとして出場していたバルセロナ下部組織出身フォンタスも、MFとして出場停止となったオウビーニャの代役を果たすなど、アスレティック・ビルバオからの新加入アウルテネチェとともにコンビネーションを高めている。GKヨエルは、「ここには先発もベンチスタートもない。これはチームを強くする。競争は、同時に選手を成長させるからね」と、今後へ向けて士気を高めている。今後のセルタに注目だ。

【予想スタメン】
・アスレティック・ビルバオ [4-3-3]
GK:13.イアゴ・エレイン(1.イライソス)
DF:15.イラオラ、18.グルペギ(16.エチェイタ)、4.ラポルト(6.サン・ホセ)、22.サボリット(24.バレンシアガ)
MF:21.アンデル・エレーラ(10.デ・マルコス)、8.イトゥラスペ、7.ベニャ
FW:14.スサエタ、20.アドゥリス、19.ムニアイン

・セルタ [4-2-3-1]
GK:13.ヨエル
DF:2.ウーゴ・マージョ、22.カブラル(30.ダビド・コスタス)、3.フォンタス、20.トニ
MF:8.アレックス・ロペス、4.オウビーニャ、24.アウグスト・フェルナンデス、12.ラフィーニャ(23.クローン=デーリ)、10.ノリート
FW:11.シャルレス

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング