FOLLOW US

エースの回復待たれるベティス、停滞するバレンシア迎え初勝利狙う

 ベティスは昨シーズンに続いて内容的には素晴らしいプレーを見せているものの、これまで1分け2敗と結果を出せていない。

 その原因は得点源であるFWルベン・カストロの不在時に露呈する前線の得点力不足で、腰痛を抱えるエースの出場は木曜の時点でまだ微妙な状態にある。しかも今節は司令塔のMFベルドゥーとウイングのMFフアン・カルロスがケガで欠場と、苦しい状況で初勝利を目指すことになる。

 対するバレンシアもこれまで1勝2敗。前節バルセロナ戦では0-3から2-3まで追い上げる粘りは見せたものの、まだミロスラフ・ジュキッチ新監督が求めるプレーをピッチで体現できているとは言い難い。

 代表ウィーク明けの今節はアルゼンチンのMFバネガ、ポルトガルのDFリカルド・コスタ、DFジョアン・ペレイラ、FWポスティガらがハードなワールドカップ予選を戦った直後で疲労が心配される。

 共に結果が出ない状況で迎えたリーグの中断を経て、流れを変えられるのはどちらか。今節を境にヨーロッパリーグを含めた週2試合ペースの連戦がはじまるだけに、9月の流れを決める一戦となるかもしれない。

【予想スタメン】
・ベティス [4-2-3-1]
GK:13.サラ
DF:2.チカ、3.パウロン、15.ペルキス、23.ナチョ
MF:5.マティージャ、20.ノサ・イギエボル、7.バディージョ、14.サルバ・セビージャ、22.セドリック
FW:19.ホルヘ・モリーナ(24.ルベン・カストロ)

・バレンシア [4-2-3-1]
GK:1.ジエゴ・アウヴェス
DF:12.ジョアン・ペレイラ、4.ラミ、20.リカルド・コスタ、22.マテュー
MF:24.ミチェル、15.ハビ・フエゴ、11.パボン、10.バネガ(7.ジョナス)、23.カナーレス(8.フェグリ)
FW:9.ポスティガ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA