FOLLOW US

アトレティコ、DFデミチェリスを在籍わずか52日でマンCへ売却

今夏にマラガからアトレティコを経由してマンチェスター・Cへ移籍したデミチェリス [写真]=LatinContent/Getty Images

 このオフシーズン、マラガからアトレティコ・マドリードに加入したばかりの元アルゼンチン代表DFマルティン・デミチェリスが、マンチェスター・Cに移籍することが決定した。

 デミチェリスのこの夏2度目の移籍となるマンC行きは、先月中旬頃から既に合意済みとの噂が流れていたものの、正式発表はアトレティコ・マドリードが後釜を確保してからになると見られていた。そして実際に、8月31日にアトレティコ・マドリードがアヤックスからベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトを獲得すると、翌1日にマンCがデミチェリスの獲得を発表した。この結果、デミチェリスはアトレティコ・マドリードでは公式戦に1度も出場することがないまま、在籍わずか52日でクラブを退団することとなった。

 なお、両選手の移籍金は、デミチェリスが500万ユーロ(約6億5000万円)程度、アルデルヴァイレルトが700万ユーロ(約9億1000万円)程度になると見られており、アトレティコ・マドリードは、フリーで獲得した32歳のベテランDFを売却し、その資金で24歳の若手DF獲得に要する移籍金の大部分を充当するという、商売上手振りを披露した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO