2013.09.01

攻撃陣好調ソシエダと堅守に磨きをかけたアトレティコ。CLクラスの攻防に期待

 レアル・ソシエダはチャンピオンズリーグ・プレーオフ第2戦、アトレティコ・マドリードはスペイン・スーパーカップ第2戦。共に水曜に迎えた大一番は結果こそ対照的だったものの、その内容はいずれも昨季から続く好調ぶりを証明するものだった。

 第1戦に続いてリヨンに2‐0と快勝し、10年ぶりにチャンピオンズリーグ本戦出場を決めたレアル・ソシエダは攻撃陣が絶好調だ。昨季インサイドMFとして新境地を開拓したシャビ・プリエトは中盤で非凡なゲームメーク能力を発揮し、前線ではFWカルロス・ベラやFWアントワーヌ・グリエスマン、MFゴンサロ・カストロらが持ち前のスピードで相手守備陣をかき回している。

 一方のアトレティコ・マドリードも、第1戦で喫したアウェーゴールにより今季初タイトルを逃したとはいえ、敵地でバルセロナの攻撃を完封した守備面の健闘ぶりは目を見張るものがあった。こちらはハードワークが信条なだけに、主力組の疲労が気になるところだが、前節ラージョ・バジェカーノ戦ではMFラウール・ガルシア、MFチアゴ・メンデスら出番を与えられた控え組がしっかり結果を出している。

 遅攻でも速攻でもゴールが奪える多彩な攻撃が魅力のレアル・ソシエダに対し、アトレティコ・マドリードは堅守速攻が唯一の武器。そのためリードされた際により苦しいのはアトレティコ・マドリードとなるが、いずれにせよ先制点が勝負の鍵を握ることになるだろう。

【予想スタメン】
・レアル・ソシエダ [4‐3‐3]
GK:1.クラウディオ・ブラボ
DF:22.エストラーダ、19.カダミュロ(15.アンソテギ)、6.イニゴ・マルティネス、24.デ・ラ・ベージャ(20.ホセ・アンヘル)
MF:10.シャビ・プリエト(25.グラネロ)、5.マルケル(4.エルストンド)、17.スルトゥサ(14.パルド)
FW:11.ベラ(7.グリエスマン)、8.セフェロビッチ(9.アギレチェ)、18.ゴンサロ・カストロ

・アトレティコ・マドリード [4‐4‐2]
GK:13.クルトワ
DF:20.フアンフラン、23.ミランダ、2.ゴディン、3.フィリペ・ルイス
MF:8.ラウール・ガルシア(6.コケ)、5.ティアゴ、14.ガビ(4.マリオ・スアーレス)、11.クリスティアン・ロドリゲス(10.アルダ)
FW:19.ジエゴ・コスタ、9.ビジャ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る