2013.08.24

ボール支配力で上回るバレンシア、エスパニョールは鋭い速攻で

 アウェーでセルタと対戦した開幕戦は0-2から2-2のドローに持ち込む健闘を見せたエスパニョール。ホーム開幕戦の今節は今シーズンの初勝利が欲しいところだが、相手は強豪バレンシアなだけに苦戦は必至だ。

 今シーズンのエスパニョールは司令塔のMFベルドゥーを放出した一方で大きな補強ができておらず、代役となるべきMFピッツィもセルタ戦では機能せぬまま途中交代に終わっている。

 一方、彼に代わって入ったFWティエヴィは同点ゴールを決めただけでなく、トップ下の位置から前線のスペースへ飛び出す動きで攻撃にアクセントを加えていた。ポジション的に1トップのFWセルヒオ・ガルシアとかぶるためベンチスタートが濃厚だが、ゴールが必要な展開になれば再び出番が回ってくるはずだ。

 対するバレンシアはホームで迎えた開幕戦で初勝利を挙げたものの、内容的にはマラガの堅守に大苦戦を強いられた末、セットプレー時に生じたGKカバジェロのミスから1ゴールを決める幸運な勝利だった。

 火曜には開幕戦で先発落ちしたDFマテューが移籍をほのめかすなど、MFアルベルダ、FWソルダード両キャプテンが抜けた後は、いまいちチームが1つになっていないのも気になるところではある。

 先発予想はそのマテューがDFベルナットに代わって左サイドバックで試されている他は同じメンバーで練習が行われており、プレシーズン中にジュキッチ監督の信頼を勝ち取ったカンテラーノのMFフェデ・カルタビアがケガ明けのMFフェグリを抑えて再び右MF先発で先発する可能性が高くなっている。

 試合はボール支配力で上回るバレンシアがゲームをコントロールしながらも、エスパニョールが鋭いカウンターを繰り出していく展開となるだろう。お互いゴールチャンスはあるはずなだけに、勝負は前線の決定力が鍵を握ることになりそうだ。

【予想スタメン】
・エスパニョール [4-2-3-1]
GK:13.カシージャ
DF:16.ハビ・ロペス、19.コロット、15.エクトル・モレーノ、18.フエンテス
MF:14.ダビド・ロペス、4.ビクトル・サンチェス、8.ストゥアーニ、10.ピッツィ(17.ティエヴィ)、20.シモン
FW:9.セルヒオ・ガルシア

・バレンシア [4-2-3-1]
GK:1.ジエゴ・アウヴェス
DF:12.ジョアン・ペレイラ、4.ラミ、20.リカルド・コスタ、22.マテュー(14.ベルナット)
MF:16.ミチェル、15.ハビ・フエゴ、28.フェデ・カルタビア、10.バネガ、17.ジョナタン・ビエラ
FW:9.ポスティガ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る