2013.08.24

バルサ、宿敵レアルからカシージャス獲得か…ファンの87%が支持

カシージャス
レアル・マドリードに所属するカシージャス [写真]=Real Madrid via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ開幕戦で、レアル・マドリードのスペイン代表GKイケル・カシージャスがスタメン出場を逃したのは、宿敵バルセロナにとっても大きな衝撃として伝わったようだ。

 昨シーズン、対立が深刻化したジョゼ・モウリーニョ前監督から絶対的レギュラーの座を剥奪されたカシージャスは、初めは控えGKアントニオ・アダンとの併用に晒されると、その後は自身の故障中に加入した元スペイン代表GKディエゴ・ロペスに守護神の座を譲り、復帰後も1度もゴールマウスを守ることがなかった。

 そして、カルロ・アンチェロッティ新監督を迎えた今シーズン、レギュラー回復を予想する声や期待が掛けられたカシージャスだが、初戦のベティス戦でスタメンにディエゴ・ロペスが選ばれたことで、引き続き微妙な立場に置かれている可能性が指摘され始めた。

 これには、スペイン代表のチームメートであるGKビクトル・バルデスも「カシージャスのベンチスタートには驚いた」と思わず述べるなど、バルセロナの選手達も意外な出来事として捉えているという。

 そんな折、スペインのテレビ局『Cuarto』のフットボール番組が、バルセロナがカシージャスの獲得を検討しているとのスクープを行った。それによると、今シーズンいっぱいで退団することが規定路線となっているビクトル・バルデスの後任を探しているバルセロナは、サンドロ・ロセイ会長、財務部門の責任者であるハビエル・ファウス副会長、アンドニ・スビサレッタSD(スポーツ・ディレクター)が今週に入り緊急会談を行い、カシージャスの説得に向けた計画について話し合ったという。

 なお、バルセロナのサポーターも、宿敵レアル・マドリードのチーム生え抜きのキャプテンを獲得するという実現不可能とも思える補強に興味津々のようで、スペイン紙『Mundo Deportivo』が行ったアンケートによると、回答した1万人を超える読者のうち87パーセントがこの過去に類を見ないほどの“禁断の移籍”を支持しているとのことだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る