2013.08.22

ラウールが将来のレアル復帰示唆「戻って来る考えは常に頭にある」

ラウールはレアル・マドリード在籍時、3度のチャンピオンズリーグ制覇など多くのタイトルを獲得した [写真]=Bongarts/Getty Images

 アル・サッドに所属する元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスが、レアル・マドリードと対戦する22日のベルナベウ杯を控え、古巣との一戦への思いを明かした。レアル・マドリードの公式HPが伝えている。

 ラウールは16シーズンに渡って在籍したレアル・マドリードとの対戦について、「感情に訴える試合になるだろうね」とコメント。「現在のチームの一員として来ているけれど、誇り高きレアル・マドリードのユニフォームを着るような高ぶりがある。レアル・マドリードは僕にすべてを与えてくれた。明日は僕にとって特別で感動的な日になるだろうね。家に帰って来るという気持ちで、多くの友人や仲間に会えてとても幸せに感じる。素晴らしい試合になるよう期待しているよ」と語った。

今後については、「今は、自分のことを選手だと思っている。もう1年契約があり、その後に最適な判断をすることになる。レアル・マドリードに戻って来るという考えはいつだって頭の中にあるよ。選手でなくとも、何らかの形でクラブに役立てると思ったら喜んで戻って来るだろうね。何か重要なことをして、学ぶためにはある程度の準備期間が必要になるだろう」とコメント。将来的な古巣復帰の可能性も示唆した。

 ラウールは、レアル・マドリードで1994年にトップチームデビュー。16シーズンの在籍期間で、ともにクラブ最多である741試合出場と323ゴールを記録していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る