FOLLOW US

古巣バルサから先制弾のビジャ「勝つ希望を持ってカンプ・ノウへ」

古巣バルサから先制点を奪ったアトレティコFWビジャ [写真]=Getty Images

 21日に行われたスーペル・コパのファーストレグで、アトレティコ・マドリードとバルセロナが対戦。アトレティコ・マドリードのスペイン代表FWダビド・ビジャが、古巣相手に先制ゴールを決めると、後半にはバルセロナのブラジル代表FWネイマールが同点ゴール。試合は1-1の引き分けに終わった。

 試合後、ビジャがファーストレグを振り返った。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』がコメントを伝えている。

「引き分けは残念な結果だが、僕たちは偉大なチームと戦ったんだ。彼らは良い試合をして、1点差を追い付いたね。引き分けはオープンな結果。勝つ希望を持って、カンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)に乗り込もうじゃないか」

 セカンドレグは28日に、バルセロナのホームで行われる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO