FOLLOW US

バルサ指揮官、アトレティコとのドローは「見た通りの公正な結果」

試合後、バルセロナのマルティーノ監督が第1戦を「公正な結果」と振り返った [写真]=Getty Images

 21日に行われたスーペル・コパのファーストレグで、アトレティコ・マドリードとバルセロナが対戦。アトレティコ・マドリードのスペイン代表FWダビド・ビジャが、古巣相手に先制ゴールを決めると、後半にはバルセロナのブラジル代表FWネイマールが同点ゴール。試合は1-1の引き分けに終わった。

 試合後、バルセロナのヘラルド・マルティーノ監督が敵地でのファーストレグを振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マルティーノ監督は、「実際に見た通りの公正な結果。局面によって異なる試合だった。アトレティコは前半を支配していたし、後半は我々が支配していた」と、試合を総括。「彼ら(アトレティコ)は、カウンターアタックからのゴールを狙っていて、その通りになった。我々は、創造的なプレーからのゴールを探して、その通りになった」と説明した。

 そして、28日にバルセロナのホームで行われるセカンドレグに向けては、「バルサは他のプレースタイルを知らない。シチュエーションに応じて、アプローチを変えながらも、独自のスタイルを主張していかなければならない」と、展望を語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO