2013.08.17

バルサのドス・サントス「退団を改めたのは新監督の就任が鍵」

バルセロナに所属するドス・サントス [写真]=Getty Images

 バルセロナのメキシコ代表MFジョナタン・ドス・サントスは15日、練習後に行われた記者会見で、このオフシーズンにティト・ビラノバ前監督からヘラルド・マルティーノ新監督への交代がなければクラブを退団していたことを明らかにした。

 ドス・サントスは、噂されていたレアル・ソシエダとの基本合意を認めると共に、マルティーノ新監督からの説得により残留を決断した経緯を説明した。

「もしビラノバ監督が続投していたなら、恐らく自分はクラブを去っていたはずだ。なぜなら、レアル・ソシエダと殆ど合意に達していたからだ。昨シーズンは時間の無駄ではなかったが、決して簡単なものでもなかった。僕が退団の考えを改めたのは、マルティーノ監督の就任が鍵だった。彼は『君のことを信頼している』と面と向かって言ってくれた。誰からもプレゼントなど貰えないことは分かっているが、僕の夢はバルセロナのトップチームでプレーすることだからね」

 一方、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラがバイエルンに移籍したことについて質問されたドス・サントスは、下部組織時代から共に戦ってきた友人の退団を悲しみながらも決断を尊重した。

「チアゴは僕にとって大切な友人なので、チームを出て行って欲しくなかった。しかし、これは彼が熟慮のうえ決めたことなので仕方がない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る