2013.08.10

元スペイン代表MFアルベルダが現役引退へ

アルベルダ
バレンシアでプレーするアルベルダ [写真]=Getty Images

 スペインの各メディアは7日、元スペイン代表MFダビド・アルベルダが現役引退を決意したことを報じた。

 1996年夏にトップチームに昇格したアルベルダは、直後の1996-1997シーズンおよび1998-1999シーズンのビジャレアルへのレンタル移籍を除き、キャリアの殆どをバレンシアの一員として戦ってきた。出場機会が減りかけた昨シーズンも、12月からチームを指揮したエルネスト・バルベルデ監督の信頼を掴み、再び主力として活躍した。しかし、バルベルデ監督がアスレティック・ビルバオへと移り、経営陣も一新されたクラブから、今年6月で満了した契約への延長のオファーがなかったため、カンテラ時代から20年近く過ごしてきたバレンシアを退団。

 ラジオ局『Onda Cero』によると、アルベルダは複数のクラブから誘いを受けていたものの、自身や家族の要望に見合ったオファーがなかったため、最終的に36歳を目前にスパイクを脱ぐことを決断したとのことだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る