2013.08.04

勝利を振り返るレアルDFナチョ「プレー時間と調子の良さに満足」

 アメリカで開催されているインターナショナルチャンピオンズカップの準決勝が3日に行われ、エヴァートンとレアル・マドリードが対戦。レアル・マドリードが2-1で競り勝った。

 試合後、レアル・マドリードのU-21スペイン代表DFナチョ・フェルナンデスが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「プレシーズンで最も大事なのは、フィジカル面に良い準備をすること。エヴァートンはより長い間、調整していて、僕たち(の調子)がどこまで戻ってきているのか知るために良い相手だった。僕たちがしなければいけなかったのは、より良い試合運びをすること。ここまで勝ち続けてきているね。個人的にも、ここまでのプレー時間と調子の良さに満足しているよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る