2013.08.03

バレンシア退団のソルダード「新会長も計画も信じられなかった」

トッテナムへの移籍が決まったソルダード [写真]=Getty Images

 バレンシアは1日、スペイン代表FWロベルト・ソルダードがトッテナムへ移籍することを公式サイトで発表した。契約期間は4年になると見られており、移籍金は、バレンシアにとっては同選手に設定していた契約解除に伴う違約金と同額、トッテナムにとってはクラブ史上最高額の3000万ユーロ(約39億6000万円)となった。

 3シーズン過ごしたバレンシアに別れを告げることになったソルダードは、ロンドンに向かう直前に受けた報道陣とのインタビューで、退団の原因として今年6月に就任したアマデオ・サルボ新会長への不信感を挙げると共に、皮肉を込めて厳しく非難した。

「サルボ会長と初めて会談した時点で、バレンシアを退団しようと決断した。なぜなら、彼のことも説明されたプロジェクトも全く信じられなかったからだ。彼は幾度となく嘘をつき、僕や代理人にダメージを与えた。メディアが伝えてきた僕達に関する情報は、彼が悪意を持って流したものだ。彼のやり方は正しくないと思っているが、その考えが間違いであって欲しいものだね。彼がクラブ史上最もタイトルに恵まれた会長になれることを期待しているよ」

 ソルダードは一方、生まれ故郷のクラブを離れることへの悲しみを表す一方、今後の健闘を願った。

「トッテナムからのオファーは自分にとっても家族にとっても最良のものだった。両クラブも含めた全てのサイドにとって満足のいく結果になった。しかしながら、ファンには契約を満了できなかったことを謝りたい。できればここで引退したかったが、進んできた道が岩で塞がれてしまった。いずれにしても、僕は今日からはバレンシアという偉大なチームの一サポーターになる。ここまで一緒にやってきた仲間達とクラブが最高のシーズンを送れることを祈っている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る