2013.08.03

チームの出来に満足のレアル監督「選手の働き、姿勢は素晴らしい」

アンチェロッティ
レアル・マドリードを率いるアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは1日、アメリカで開催されている「インターナショナル・チャンピオンズ・カップ」でロサンゼルス・ギャラクシーと対戦し、3-1で勝利を収めた。レアル・マドリードの指揮官を務めるカルロ・アンチェロッティ監督は試合後、チームの出来に満足感を示すとともに、さらなるチーム力の底上げに意気込んだ。クラブ公式HPが伝えている。

 LAギャラクシー戦を振り返ったアンチェロッティ監督は、「我々は良いプレーをした。攻撃面では良い連係があったし、チャンスを作り出せていたね。攻撃的なプレーをすること、ゴールを目指すことが何より重要なことだ」とコメント。続けて、「チームの働きはとても良いもので満足している。誰もが集中しているし、選手たちの姿勢も素晴らしい。引き続きチーム力を上げていく必要がある」とし、チームの仕上がりに満足感を示すとともに、さらなるチーム力の底上げを目指すと語った。

 また、同試合でアシストを記録したスペイン代表MFイスコに対しては、「とても良いプレーをしたね。相手のディフェンスラインの裏のスペースを突く、素晴らしいパス能力を持つ選手だ」と語り、賛辞を贈っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る