FOLLOW US

バルサ新指揮官が就任会見で抱負「優勝できなければ失敗」

バルセロナのマルティーノ新監督が抱負を語った [写真]=Getty Images

 バルセロナの新監督に就任したヘラルド・マルティーノ氏が、26日に就任会見に臨み、新シーズンへの抱負を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マルティーノ新監督は、「バルセロナは常に勝利を収めてきたし、勝つことに慣れている。もし今シーズン、優勝できなければ、それは失敗になるだろう。このクラブには、優勝する大きな可能性がある」とコメント。タイトル獲得を誓った。

 そして、勝ち続けるためのキーポイントとして、「最近の数シーズン、選手たちが常に勝利に飢えている」ことを挙げ、「選手たちから信頼してもらえるように、早くチーム(の特徴)を理解しなければいけない。もし、バルサが現在経験しているすばらしい時間、そのエッセンスを維持することができたら、それは我々にとって成功と言えるだろう」と語った。

 50歳のマルティーノ氏は選手時代、ニューウェルズで10年以上に渡ってプレー。1996年の現役引退後、指導者に転身した。アルゼンチン国内とパラグアイの数クラブで指揮を執った後、2007年にパラグアイ代表監督に就任。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、決勝トーナメント1回戦で日本代表をPK戦の末に破り、同国初のベスト8進出へと導いた。2012年には古巣ニューウェルズの監督に就任。同クラブとの契約が満了したばかりだった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO