2013.07.23

バルセロナの新監督マルティーノとは、どんな人物か…欧州初挑戦

マルティーノ
バルセロナ監督就任が決まったマルティーノ氏 [写真]=LatinContent/Getty Images

 バルセロナは23日、クラブの新監督にアルゼンチン人のヘラルド・マルティーノ氏が就任したことをクラブの公式HPで発表した。

 マルティーノ新監督は、バルセロナでは1983-1984シーズンにチームを率いたセサル・ルイス・メノッティ監督以来のアルゼンチン指揮官となる。現役時代はMFとして活躍し、リオネル・メッシが下部組織に所属していたこともあるアルゼンチンのニューウェルズ・オールド・ボーイズで1980年にプロデビュー。ニューウェルズには3度に渡り在籍し、公式戦505試合出場のクラブ記録を持つ。他にもアルゼンチンのラヌースやスペインのテネリフェなどに所属し、アルゼンチン代表でも1試合に出場して、1996年に現役を引退した。

 引退後は、1998年にアルゼンチンのブロウン・デ・アレシフェスの監督に就任し、指導者キャリアをスタート。アルゼンチンのCAプラテンセ、インスティトゥート・コルドバ、コロンの指揮官を歴任し、パラグアイのリベルタやセロ・ポルテーニョも指揮した。

 2007年からは、初のナショナルチームとなるパラグアイ代表の指揮官に就任した。南米予選を3位で通過して出場した2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、グループリーグを首位突破。決勝トーナメント1回戦では、日本代表にPK勝ちを収めて同国史上初のベスト8に導いた。2011年に母国のアルゼンチンで行われたコパ・アメリカでも、粘り強い戦いぶりで優勝した1979年以来の決勝進出を果たした。

 コパ・アメリカをもってパラグアイ代表監督を辞任した後は、2012年から選手時代の大半を過ごした古巣ニューウェルズの監督に就任。2013年には南米のクラブ王者を決めるコパ・リベルタドーレスでベスト4入りを達成したが、契約満了で退任していた。2013-2014シーズンからバルセロナと2年契約を結び、監督キャリアでは初となる欧州挑戦となる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング