2013.07.23

バルサ新指揮官にマルティーノ氏が就任か…3年契約、地元紙報道

マルティーノ
バルセロナの新監督に就任したマルティーノ氏 [写真]=LatinContent/Getty Images

 スペイン紙『マルカ』は22日、バルセロナの新監督に、アルゼンチン人のヘラルド・マルティーノ氏が就任すると報じた。

 同紙は、病気治療に専念するために退任が決まったティト・ビラノバ前監督の後任に、マルティーノ氏が3年契約で就任すると報道。マルティーノ氏は、アシスタントコーチのエルビオ・パオロロッソ氏、トレーナーのホルヘ・パウタッソ氏と共に、スペインへ到着したと伝えられた。

 50歳のマルティーノ氏は選手時代、ニューウェルズで10年以上に渡ってプレー。1996年の現役引退後、指導者に転身した。アルゼンチン国内とパラグアイの数クラブで指揮を執った後、2007年にパラグアイ代表監督に就任。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、決勝トーナメント1回戦で日本代表をPK戦の末に破り、同国初のベスト8進出へと導いた。2012年には古巣ニューウェルズの監督に就任。同クラブとの契約が満了したばかりだった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る