FOLLOW US

バレンシア下部組織に入団の指宿「重要なことは得点を挙げること」

 セビージャ下部組織のセビージャ・アトレティコから、バレンシアの下部組織であるバレンシア・メスタージャへ移籍したFW指宿洋史がクラブ公式HPのインタビューに応え、意気込みを語った。

 指宿は、「ここは偉大なクラブで、僕は常に目標を持ってプレーしたいと思っています。まず重要なことは得点を挙げることですね」とコメント。バレンシアについては「パエージャで知りました」と答え、プレーについては「僕はストライカーで、得点を狙う以外にはないです。常に得点することを考えています」とサポーターに向け、自身を紹介している。

 指宿は、柏レイソルの下部組織出身で、2009年にジローナへ移籍し、スペインへ渡る。レアル・サラゴサB、CFサバデルへの期限付き移籍を経験し、2011年にはセビージャ・アトレティコへ加入すると、昨シーズンは期限付き移籍したベルギー2部のKASオイペンでプレーした。

 バレンシア・メスタージャは、セグンダ・ディビシオンB(3部相当)に所属し、昨シーズンは16位だった。指宿は2015年6月までの契約を結び、1年間の延長オプションがついている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO