2013.07.22

ハインケス氏、バルサ監督就任を否定「自由な時間を楽しんでいる」

ハインケス
バルセロナの監督就任を否定したハインケス氏 [写真]=Getty Images

 昨シーズン限りでバイエルンの指揮官を退任したユップ・ハインケス氏が、バルセロナの監督就任の噂を否定した。『スカイスポーツ』が伝えている。

 バルセロナのティト・ビラノバ監督が病気の治療により同職を退任。後任監督に多くの名前が挙がる中、ハインケス氏も候補として報じられていた。ハインケス氏は、「私は今、趣味の時間などで、とても忙しいんだ。動物たちを飼っているし、大きな庭もある。バイエルンでの仕事を終え、他のチームで監督を務めるのは不可能だと思っている」と、就任の噂を否定し、「体がメッセージを送ったんだ。自由な時間を楽しんでいるよ」とコメントした。

 ハインケス氏は昨シーズン、バイエルンをドイツ史上初となるチャンピオンズリーグ、リーグ戦、カップ戦の3冠に導き、監督を勇退。監督業からの引退を示唆している。

 バルセロナは週明けにも新監督を発表すると見られているが、後任にはセルタのルイス・エンリケ監督、前ニューウェルス監督のヘラルド・マルティーノ氏、前アスレティック・ビルバオのマルセロ・ビエルサ氏などの名前が挙がっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る