2013.07.13

アトレティコ移籍のデミチェリス「2年連続最小失点に貢献したい」

デミチェリス
2012-2013シーズンはマラガでプレーしたデミチェリス [写真]=Getty Images

 このオフシーズンでは有名選手の動きが目立つリーガ・エスパニョーラ。噂されていたマラガの元アルゼンチン代表DFマルティン・デミチェリスのアトレティコ・マドリードへの移籍も正式に決定した。

 11日、メディカル・チェックならびに契約書へのサインを終えると、早速チーム練習に合流したデミチェリスは、アトレティコ・マドリードでの活躍に期待を寄せた。

「成功に満ちた勝者のチームでプレーができることになり、本当に誇り高い気分だ。自分が声を掛けられたのは、チームが一段と競争的なシーズンを送れるようになるためだと思っている。今はハードワークをもって最大限の力を発揮するという謙虚な気持ちしかない。アトレティコ・マドリードはリーグ最小失点のチームだ。2シーズン連続でそうなるよう、チームに貢献できれば何よりだ」

 デミチェリスはまた、古巣のリーベル・プレートからもオファーを受けていた中でアトレティコ・マドリードを選んだ理由として、ディエゴ・シメオネ監督の存在を挙げた。

「アルゼンチン人であるシメオネ監督が、僕のキャリアや近年のパフォーマンスをより詳しく知っているのは当然だ。彼は僕がアトレティコ・マドリード入りを決めた最大要因の1人だ。これは難しい決断だった。交渉を進めてくれていたリーベルとマラガには感謝の気持ちでいっぱいだ。しかし、アトレティコ・マドリードが現れ、“チョロ”(シメオネ監督の愛称)が僕を説得したということだ」

 ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンとブラジル代表DFミランダが君臨するセンターバックのレギュラー争いに割って入れるか、注目が集まるデミチェリス。自身の立場を理解しながらも、定位置獲得に向けた強い決意を示した。

「ゴディンとミランダが監督の信頼を手にしていることは重々承知している。実際、2人はこの数年に渡り素晴らしいパフォーマンスを披露してきた。とはいえ、自分の道のりはこれまでも決して簡単ではなかったし、常に偉大な選手達と切磋琢磨してきた。ここでも健全な形で競い合って、ポジションを勝ち取らなければならない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る