2013.06.27

準決勝のイタリア戦控え、トーレス「タフな戦いを強いられる」

トーレス
準決勝のイタリア戦へ意気込みを語ったトーレス [写真]=Getty Images

 コンフェデレーションズカップに出場しているスペイン代表は、グループBを3戦全勝で首位通過。27日の準決勝では、イタリア代表と対戦する。

 チェルシー所属のスペイン代表FWフェルナンド・トーレスがイタリア戦に向けてコメントした。スペイン紙『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

「僕たちはいつもイタリア相手に少ないゴールでタフな戦いを強いられる。彼らは戦い方を知っているし、特にこういった大会ではそうだ。直近の結果は関係ない。ユーロ2008で引き分け(準々決勝、0-0のPKでスペイン勝利)、ユーロ2012のグループステージで引き分け(1-1)、決勝では4-0で勝利した。準決勝とは常にタフな試合になる」

「マリオ・バロテッリの欠場? バロテッリは偉大な選手だ。試合でどうなるか様子を見るよ」

「僕は常に先発を望んでいる。代表であろうとクラブであろうとね。でも先発じゃなくても、僕は18歳じゃないから、失望や怒りを露わにすることはないよ。それを受け入れ、プレーできることを願う。チャンスが得られなくても、次の試合は変わるものだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る