2013.06.22

バルサ指揮官「監督として受け入れられるか疑問はあった」

バルセロナのティト・ビラノバ監督(右)が今季を振り返った [写真]=Getty Images

 バルセロナは今シーズン、リーガ・エスパニョーラで勝ち点100を獲得。2シーズンぶりの優勝を果たした。チャンピオンズリーグでは、準決勝でバイエルンに2試合合計0-7で敗れ、決勝進出はならなかった。

 バルセロナのティト・ビラノバ監督が、就任1年目の今シーズンを振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「幸先の良いスタートを切れたのは、とても大事で、非常に難しいことだった。その瞬間まで、選手は私のことを第二監督(昨シーズンまでアシスタントコーチを担当)として見ていたと思う。私が『監督として受け入れられるかどうか』という疑問がそこにはあった。ある場所で第二監督だった人間が、別の場所で(第一)監督になるのとは違う。バルサにいるのは、以前は私のことを第二監督として見ていた選手だからね」

「常に正直に、選手と真正面からぶつかった。その結果、『ティト、ジョルディ(ロウラ)、アウレリ(アルタミラ)が自分たちをだますことはなかった』と誰もが口を揃えて言うだろう。もし、私たちが彼らをだますようなことがあれば、その翌日には全ての信用が地に落ちるとわかっていた。私たちはするべきことを行ったし、それは今後も続けていかなければならない道だ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る