2013.06.21

タヒチを称えるスペイン代表指揮官「フェアプレーの模範」

デル・ボスケ
スペイン代表のデル・ボスケ監督(右)がタヒチを称賛した [写真]=FIFA via Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループB第2節が20日に行われ、スペイン代表とタヒチ代表が対戦した。チェルシー所属のFWフェルナンド・トーレスが4得点、バルセロナのダビド・ビジャがハットトリックを達成するなど、大量10ゴールを記録。スペインが10-0でタヒチに大勝し、開幕2連勝を果たした。

 スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が、10得点を挙げての勝利を振り返った。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

「とてもポジティブに捉えている。良いペースで、インテンシティを伴ったプレーをして、しっかりとした試合ができたと思う。

「(得点差が大きく開いたことについて)プロとアマチュアの差が反映されたと思う。スペインは真剣にプレーして、できる限り良い結果を求めて努力した。それが、相手への尊重を示す形なんだ」

「タヒチは、フェアプレーの模範となる試合をして、すばらしいパフォーマンスを披露した。彼らは、チャンスを得た時には必ず、我々のゴールを目指していたね」

 23日のグループ最終節では、スペインはナイジェリアと、タヒチはウルグアイとそれぞれ対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る