FOLLOW US

ウルグアイ戦を振り返るスペイン指揮官「終盤に少し押し込まれた」

スペイン代表のデル・ボスケ監督がウルグアイ戦を振り返ってコメントした [写真]=FIFA via Getty Images

 コンフェデレーションズカップのグループB開幕節が16日に行われ、スペイン代表とウルグアイ代表が対戦。スペインが2-1でウルグアイを下し、白星スタートとなった。

 スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が、勝利を振り返った。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

「良い試合だった。大半の時間帯で試合を支配することができたが、終盤に少し押し込まれてしまった。(終盤に)少しナーバスになっていたのは確かだ。落ち着きをもたらす3点目を決めるチャンスを、いくつか逃してしまったからね」

「ほとんど全てのことを正確にこなせていたと思う。クレバーに守備をして、すばやくボールを奪い、良いサッカーを展開した。ただ、(3点目を奪って)試合(結果)を決定付けることができなかった」

 グループBの第2節は20日に開催。スペインはタヒチと、ウルグアイはナイジェリアと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO