2013.06.06

バレンシアがジュキッチ氏の監督就任を発表…10年ぶりの古巣復帰

バレンシアがジュキッチ新監督の就任を発表 [写真]=Getty Images

 バレンシアは5日、前バジャドリード監督のミロスラフ・ジュキッチ氏が監督に就任すると発表した。

 ジュキッチ監督は、2011-2012シーズンからバジャドリードを指揮。就任1年目で1部昇格を達成し、今シーズンは14位でフィニッシュ。1部残留に成功した。現役時代には、1997年から2003年までバレンシアに所属しており、10年ぶりの古巣復帰となる。

 監督就任にあたり、ジュキッチ監督は以下のようにコメントした。

「バレンシアは、常に私の第一の選択肢だ。他のクラブからのオファーもあったが、私の唯一の願いは、このクラブと契約をして、成功を収めることだった。バレンシアは、ヨーロッパ有数のビッグクラブで、『眠れる巨人』だ。私は、このクラブの目を覚ますことができると思う。タイトル獲得のために戦うよ。難しい挑戦になるだろうけど、準備はできている」

 バレンシアは、1日のリーガ・エスパニョーラ最終節でセビージャに敗れ、レアル・ソシエダにかわされて5位に転落。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃した。2日には、エルネスト・バルベルデ前監督との契約を更新しないと発表していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る