2013.06.02

モナコへ移籍のファルカオ、涙の退団会見「決して忘れない」

ファルカオ
アトレティコからモナコへ移籍するファルカオ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードからモナコへ移籍することが決まったコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが、1日に会見を開き、アトレティコへの感謝を述べた。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 夫人とともに会見に臨んだファルカオは、エンリケ・セレソ会長の紹介のあと、涙で言葉を詰まらせながら、「本当に感謝している」と短くコメント。少し間をおいて、「クラブの全て、チームや施設のために働いてくれている全ての人、そして全てのファンに感謝している。アトレティコで過ごした数年間は、キャリアでベストの時だった。これからも決して忘れない。このチームで全ての目標を達成し、全ての試合でクラブのカラーを守れたことを幸せに思う」と、感謝の気持ちを語った。

 ファルカオは、2011年夏にポルトからクラブ史上最高額となる移籍金4000万ユーロ(当時のレートで約44億円)でアトレティコに加入。初年度から活躍すると、リーグ戦24得点を挙げ、ヨーロッパリーグでは12得点を記録して得点王となり、優勝に導いた。今シーズンもリーグ戦34試合に出場して28得点を挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る