2013.06.01

残留決めたいデポルと、CL出場権を狙うソシエダの決死の戦い

 いよいよリーガ・エスパニョーラも最終節。現在降格チームが一つも出ていないため、今節で降格3チームすべてが決定する。現在17位で勝ち点35のデポルティボ、18位で勝ち点34のセルタ、セルタと勝ち点で並ぶ19位レアル・サラゴサ、最下位勝ち点33のマジョルカと、この中から1チームのみが残留を果たす。勝ち点差で優位に立つデポルティボは、勝てば自力で残留を決められるとあり、最後の最後まで全力で戦い、目標を達成したい試合だ。

 さらにホームのリアソールでは2月23日に行われた第25節レアル・マドリード戦1‐2で敗れて以来、ほぼ3カ月負けなしが続いている。フェルナンド・バスケス監督は、「素晴らしい試合をすることだけを、考えなければならない。積極的にいかなければならないし、負けることは考えたくはない。リアソールでは負けていないし、勝つことだけを考える。残留できる可能性は大きい」と、最終節へ向けて意気込みを語った。有利な状況にあるが、油断は許されない。

 一方、チャンピオンズリーグ(CL)出場権の懸かる第4位争いは、勝ち点65の4位バレンシア、そして勝ち点63の5位レアル・ソシエダの一騎打ちとなる。バレンシアは勝てば自力でCL出場権を獲得する。今節、ソシエダは残留の懸かるデポルティボが相手、バレンシアはタイトルの何も懸からないセビージャが相手とバレンシアが多少有利ともとれるが、ふたを開けるまでわからない。ソシエダが予想される苦戦を制してCL出場権を獲得できるか、注目が集まる。

 前節は累積警告によって出場停止、今シーズン14得点を叩き出しているメキシコ代表FWカルロス・ベラは、「現時点で難しい相手であることはわかっているが、ここ数カ月間追い求めてきた夢は、最後の1分まであきらめない」と、決意を最後の一戦へ向けて新たにした。

【予想スタメン】
・デポルティボ [4‐2‐3‐1]
GK:1.アランスビア
DF:2.マヌエル・パブロ、6.アイタミ、5.ゼ・カストロ(23.カカー)、19.シルヴィオ(17.アヨセ)
MF:14.アベル・アギラール(4.アレックス)、10.フアン・ドミンゲス、16.ブルーノ・ガマ、21.バレロン、9.ピッツィ(18.カムーニャス)
FW:11.リキ

・レアル・ソシエダ [4‐2‐3‐1]
GK:1.クラウディオ・ブラボ
DF:2.カルロス・マルティネス、6.イニゴ・マルティネス、3.ミケル・ゴンサレス、24.デ・ラ・ベージャ
MF:8.イジャラメンディ(18.ゴンサロ・カストロ)、5.マルケル、11.ベラ、10.シャビ・プリエト、7.グリーズマン
FW:9.アギレチェ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る