2013.06.01

契約延長拒否の理由語るバルサGKバルデス「精神的に消耗していた」

ビクトル・バルデス
契約延長拒否の理由について語ったバルデス [写真]=Bongarts/Getty Images

 バルセロナに所属するスペイン代表GKビクトル・バルデスが5月31日に記者会見を行い、自身の去就について語った。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 クラブとの契約延長拒否報道後、沈黙を貫いてきたバルデスは、「現在の2014年までの契約で、ここでの自分の時間を終えようと思っている。だから(1日のリーガ・エスパニョーラ最終節)マラガ戦が最後になるとは感じていない」とコメントし、改めて契約延長を行わない意思と、来シーズンはクラブに残留する可能性を明らかにした。

 契約延長を行わない理由については、「僕はここに20年いる。ラ・マシア(バルセロナの下部組織練習施設)に1992年に入り、ファーストチームでは12年間やり遂げてきた。バルサは全てを与えてくれ、家族や僕にとってクラブは全てだ。でも、このクラブでGKは大きな責任を伴うと、僕が若い頃から感じてきた。カンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)でもアウェーでもね。この決断は、この数シーズン、本気で考え抜いたもので、精神的にも消耗してきていた。1月に契約延長を打診された時、断った理由だ。お金のためではない。これは僕がクラブに告げたもので、交渉するためではないんだ。決断を変えるつもりはないよ」と、心理面での疲弊があったとコメントしている。

 また、「チームメートやサポートしてくれたみんなに感謝したい。特にこの数週間は難しい時間だったからね。チームのために良いことだと思い、沈黙を貫いてきた。今、最後の最後まで、このエンブレムを守るためにも状況をクリアにしようと思ったんだ」と、同僚への感謝と、契約延長拒否報道後の沈黙の理由を明かしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る